どんな年代が使うべき?エリクシールシュペリエルを使っている年代とは

エリクシールシュペリエルを使うべきなのはどんな年代なのか。

 

資生堂の公式サイトでは、30代のお肌の曲がり角が強調されているので、
エリクシールシュペリエルの想定している年代は、30代のように思えます。

 

 

確かに、30代は年齢の変化がお肌や体そのものに変化を及ぼしやすく、
化粧品などもしっかり考えていかなければいけない時期になってきます。

 

 

ですが、実際のところエリクシールシュペリエルを使っている方の年代をチェックすると、
20代後半や40代の方もいらっしゃるようです。

 

 

ようは、年齢にかかわらずお肌の変化や問題に、この化粧品が合っているのか
ということが問題なんですね。

 

 

エリクシールシュペリエルの効果は、お肌のうるおいやハリへのアプローチです。

 

コラーゲンの減少により、お肌のうるおい・ハリが落ちてくると、
シワ、たるみ、毛穴という肌悩みが目立ってきます。

 

この加齢によって減少したコラーゲン線維に、
最新のコラーゲンテクノロジーでアプローチするのがエリクシールシュペリエル。

 

年代によって使うべきかどうかを判断するより、上に挙げた3つの肌悩みが
どれくらい出てしまっているかで検討したいですね。

 

 

20代後半や50代でも、シワ・たるみ・毛穴の問題が気になったら、
トライアルセットで効果を試してみるのがいいと思います。

 

トライアルセットでは、化粧水、乳液、美容乳液がお試しできるので、
普段お使いの化粧水と取り替えてみて、
翌朝のお肌の調子がどうなのか、といったことをチェックしておきたいですね。

 

もししっかり効果を実感できるようであれば、
年齢にかかわらず使っていきたいエイジングケア化粧品です。

 

 

>>【エリクシールシュペリエルの対象年齢】トップページへ戻る